中小企業お役立ち大百科

海外販路開拓の基本的なステップ

 海外販路開拓には、「輸出貿易ビジネスモデルの形態」で詳細を説明しますが、ここでは皆様方が、商品を輸出販売するビジネスモデルを例に、海外販路開拓のステップを、説明します。

ステップ1.契約段階:商品/取引先の選定

 自社取扱商品の中で、海外市場でも通用する強みのある商品は何か、取扱商品を決め海外向けにPRし、売り込み先を探します。また、自社の商品を購入したいとの引き合いに対し取引を行うか検討します。同時に相手国側で許可・申請の対象品目か、あるいは法定検査が必要かなども確認します。 また、取引先の選定には、相手の信用をどう判断するかも重要な要素となります(信用調査)。

ステップ2.契約段階:契約交渉/契約締結

 商品価格、決済通貨、決済方法・時期、品質・数量、輸送方法と引渡時期、梱包条件、検査方法・時期、アフターサービス、PL(賠償責任)保険の扱い、トラブル時の対応等、売買の諸条件を取り決めます。 国内取引と違い長い距離の輸送が必要なため、輸送途中に商品が失われたりトラブルがあった際の責任分担、つまり商品の引渡し場所や保険付保等、いわゆる貿易取引条件についても取り決めることが必要です。 上記の交渉内容で合意が成立したら、契約書を作成します。国際契約においては英文契約書が一般的です。

ステップ3.輸送段階:輸送手段の確保/保税地域への搬入

 海運貨物取扱(通関)業者を通じて、船積予約など輸送手段を確保します。また、輸送中の事故などに備えた海上保険付与を行います。準備が整ったら通関のための保税地域へ貨物を搬入します。

ステップ4.輸送段階:通関手続き/商品の積込・輸送

 契約条件によって異なる場合もありますが、通常は輸出者側で輸出通関、積込の手続きを行います。国際輸送の後、輸入通関手続きを輸入者側で行います。通関に関わる申請はオンライン化が進んでいます。

ステップ5.決済段階:代金決済/商品の引き取り

 輸入者は代金を支払い、貨物を引き取ります。ただし、決済のタイミングは契約条件によって異なります(前払い、L/C(Letter of Credit 信用状)決済、後払い等)。

BACK