中小企業お役立ち大百科

都公社が実施する補助金事業②

公社の助成金事業のうち区内事業者が良く使うもの、あるいは検討をお勧めしたいものの概要をご紹介します。

1.販路拡大に関連するもの

名称 概要 助成率
助成限度額
市場開拓助成事業 助成対象商品の販路開拓のための国内外の展示会等への出展小間料、出展に付随する経費及び新聞雑誌等による広告に要する経費の一部を助成します。 1/2
300万円
新・展示会等出展支援助成事業
-販路拡大サポート事業-
都内中小企業者が販路拡大のために出展する、国内外の展示会等にかかる出展小間料、出展に付随する経費及び新聞雑誌等による広告費の一部を助成します。 2/3
150万円
先進的防災技術実用化支援事業 都内中小企業者等が自社で開発・製造した都市の防災力を高める優れた技術、製品・試作品の実用化及び販路開拓に係る経費の一部を助成します。
※「改良・実用化フェーズ」及び「普及促進フェーズ」の2段階で構成
改良2/3
普及1/2
改良1,000万円
普及350万円

2.新製品開発に関連するもの

名称 概要 助成率
助成限度額
製品開発着手支援助成事業 開発の初期段階のアイデアや構想の技術検証を行う都内中小企業者等に対し、本格開発に着手する前の事前検証に要する経費の一部を助成します。 1/2
100万円
新製品・新技術開発助成事業 実用化の見込みのある、新製品・新技術の自社開発を行う都内中小企業者等に対し、その研究開発に要する経費の一部を助成します。 1/2
1,500万円
ものづくり企業グループ高度化支援事業 2社以上で構成する中小企業グループが、成長が見込まれる産業への参入及び高い需要が見込まれる海外市場を目指し、共同して試作開発・技術力強化、生産、販路開拓に取り組むために要する経費の一部を助成します。 1/2
5,000万円
次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成事業 2020年に「世界一の都市、東京」を実現するため、都市課題の解決に役立つ中小企業等が行う技術・製品の開発等に関する経費の一部を助成します。 2/3
8,000万円
製品改良・規格等適合化支援事業 国内外の新たな販路開拓を目指す都内中小企業に対し、自社製品の改良や規格適合・認証取得に要する経費の一部を助成します。 1/2
500万円

※上記は平成29年度の内容を掲載しています。詳細については公社の助成金事業一覧を参照してください。
http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/ichiran/index.html

BACK