中小企業お役立ち大百科

働き方改革とは

 働き方改革については、総理が議長となり、労働界と産業界のトップと有識者が集まった「働き方改革実現会議」において、「非正規雇用の処遇改善」「賃金引上げと労働生産性向上」「長時間労働の是正」「柔軟な働き方がしやすい環境整備」など9つの分野について、具体的な方向性を示すための議論を行いました
 その成果として「働き方改革実行計画」が平成29年3月28日にまとめられており、あわせて、その実現に向けたロードマップが示されています。

1.働き方改革の背景

ニッポン一億総活躍プラン(2016年6月2日閣議決定)
アベノミクス『新・三本の矢』 ①希望を生み出す強い経済(名目GDP600兆円の実現)、②夢をつむぐ子育て支援(希望出生率1.8の実現)、③安心につながる社会保障(介護離職ゼロの実現)

2.働き方改革の目的

  • 生産性の向上
  • 多様な人材活用(ダイバーシティ)
  • リスク対応力強化(BCP)
  • ワーク・ライフ・バランスの実現

3.何を変えるのか

  • 人・組織
    働く人を変える、組織を変える
  • 時間
    働く時間を変える
  • 場所
    働く場所を変える
  • 手段・道具・プロセス
    働く手段、道具、業務プロセス(ムリ、ムダ、ムラ)を変える

4.労働時間の柔軟性を高める

  • フレックスタイム制、時短勤務、ワークシェアリング、・時差通勤、・変形労働時間(1週間単位、1か月単位、1年単位)、裁量労働制(専門型、企画業務型)、サマータイム、勤務間インターバル
  • 時間
    働く時間を変える
  • 年次有給休暇の取得促進、育児に関する休暇や休業の取得促進、介護に関する休暇や休業の取得促進、失効した年次有給休暇の積立制度
  • 特別休暇制度

5.働く場所の多様化

  • フリーアドレス、サテライトオフィス、テレワーク、モバイルワーク、在宅勤務

6.ICTの利活用

  • ①ネットワーク
    • 会社のPCを持ち出して作業する、リモートデスクトップで作業する、仮想デスクトップで作業する
    • ・クラウド型アプリケーションを使って作業する。
  • ②機器
    • PC、モバイル端末

7.データの保管先の多様化

  • クラウドシステム、電子ワークフロー、入出力環境の整備、コミュニケーションツール(電子メール、チャット、インスタントメッセージ、インターネット電話、Web会議、スケジュール管理、社内SNS)

8.社内規定の見直し

  • 人事関連規定(労使協定、労働契約、就業規則、労働協約)、情報セキュリテイ管理規定、文書管理規定

働き方改革実行計画工程表:首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/pdf/20170328/02.pdf

BACK