中小企業お役立ち大百科

厚生年金の特別支給

 昭和60年改正により、老齢厚生年金は老齢基礎年金とあわせて65歳から支給されることになりました。しかし、昭和60年改正前は60歳から支給されていたので、改正前の加入者の期待に反しないようにする必要が生じました。そこで、60歳から新制度での支給開始年齢である65歳に達するまでの間、従来の老齢年金を厚生年金保険で独自に給付することになりました。

<支給要件>

  • ①男性の場合、昭和36年4月1日以前に生まれたこと。
  • ②女性の場合、昭和41年4月1日以前に生まれたこと。
  • ③老齢基礎年金の受給資格期間(10年)があること。
  • ④60歳以上であること
  • ※昭和24年(女性は昭和29年)4月2日以降生まれの人には、特別支給の老齢厚生年金(定額部分を合わせたもの)は支給されず、報酬比例部分相当の老齢厚生年金のみ支給されます。
    なお、報酬比例相当の老齢厚生年金については、生年月日に応じて60歳から65歳になるまで、段階的に支給年齢が引き上げられます。
  • ※昭和36年(女性は昭和41年)4月2日生まれ以後生まれの人には、特別支給の老齢厚生年金は支給されません。
  • ※厚生年金の長期加入者の特例
    特別支給の老齢厚生年金受給者(60歳から65歳未満)が、被保険者ではなく、厚生年金保険の被保険者期間が44か月(528月)以上あるときは、定額部分が加算された額の特別支給の厚生年金が受けられます。
  • ※障害者の年金額の特例
    特別支給の老齢年金受給者(60歳から65歳未満)が下記1から3までのすべてに該当したとき、請求があった月の翌月から定額部分が加算された額の支給を受けることができます。(障害状態にあると判断される時に遡って支給)
  • 受給権者が厚生年金の被保険者ではない。
  • 障害の原因となった傷病の初診日から1年6か月が経過したとき(症状が固定)
  • 障害等級の3級以上に該当したとき
特別支給の高齢厚生年金(報酬比較部分と定額部分)の支給開始日年齢一覧
男子生年月日 女子生年月日 支給開始年齢
(報酬比例部分)
支給開始年齢
(定額部分)
昭和16年4月2日から18年4月1日 昭和21年4月2日から23年4月1日 60歳 61歳
昭和18年4月2日から20年4月1日 昭和23年4月2日から25年4月1日 60歳 62歳
昭和20年4月2日から22年4月1日 昭和25年4月2日から27年4月1日 60歳 63歳
昭和22年4月2日から24年4月1日 昭和27年4月2日から29年4月1日 60歳 64歳
昭和24年4月2日から28年4月1日 昭和29年4月2日から33年4月1日 60歳
昭和28年4月2日から30年4月1日 昭和33年4月2日から35年4月1日 61歳
昭和30年4月2日から32年4月1日 昭和35年4月2日から37年4月1日 62歳
昭和32年4月2日から34年4月1日 昭和37年4月2日から39年4月1日 63歳
昭和34年4月2日から36年4月1日 昭和39年4月2日から41年4月1日 64歳
昭和36年4月2日以後の生まれ 昭和41年4月2日以後の生まれ

日本年金機構HP:
http://www.nenkin.go.jp/

健康保険・厚生年金 港年金事務所(厚生年金適用調査課):
Tel 03-5401-3211

BACK