中小企業お役立ち大百科

資産(アセット)による資金調達【アセットファイナンス】

アセットファイナンスとは、会社の資産を何等かの方法で現金に変える方法です。
貸借対照表は資産と負債・純資産に大きく分類されます。
資産は流動資産、固定資産、繰延資産に分類されます。
会社の貸借対照表を見ますと現金・預金以外の資産を有効に活用していない場合が多く見かけられます。金融機関借入や役員等の借入だけでなく、資産を有効活用することにより会社の資金繰りが劇的に改善します。現金・預金以外に資産が増えれば増えただけ資金繰りは悪化します。このことを念頭に置いて会社の経営にあたりましょう。

1.流動資産の有効活用

(1)売掛金の早期回収

売掛金は通常月末締め翌月末回収が多く採用されています。もし翌月末に入金にならなかった場合、翌月初旬には直ちに督促することです。入金しないのは売掛先が忘れているか、忘れていなくても現金がないから払えないのかもわかりません。督促しないと売掛先は甘えて少々遅れても良いと考えます。そうするといつの間にか多額の売掛金が残り資金繰りに影響をうけることになります。初期延滞防止を心が掛けましょう。

(2)棚卸資産の早期売却

棚卸資産は年月が経てば経つほど資産価値がなくなります。特に流行の波がある資産は影響を大きく受けます。流行遅れにならないように少々値段を下げてでも売却し現金に換えましょう。特に資産価値の全くない棚卸資産は一括償却し身軽になりましょう。

(3)経営者への貸付・仮払金の回収

中小企業の場合、社長・役員への貸付・仮払が多く見かけられ、金融機関の審査にも悪い影響を与えます。役員報酬・退職金から計画的に回収しましょう。

2.固定資産の有効活用

(1)自社の不動産(土地)を活用する。

  • ①自社で使う場合:A賃貸ビル・賃貸マンションを建築する。B自社ビル建築する。
  • ②賃貸する:更地を賃貸する。
  • ③売却する:社会・経済状況を考え売れ時を決める。

特に借入金の多い会社は遊休土地を売却・返済し身軽になり資金繰りを改善します。

(2)有価証券等の見直しを行う。

長年寝かした株の見直しを行い、当社に必要でない株は売却し資金繰りの良化を図ります。

BACK