中小企業お役立ち大百科

東京信用保証協会

 東京信用保証協会は、「信用保証協会法」に基づく公的機関であり、事業経営に取組んでいる中小企業のお客さまが金融機関から事業資金の融資を受けるとき、あるいは事業資金調達を目的として私募債を発行するとき、保証人となって借入れを容易にし、企業の育成を金融の側面から支援しています。
保証手続きの流れは以下の通りです。

1.保証申込

(1)金融機関経由で申込む場合
金融機関の窓口で融資の申込と同時に信用保証の申込手続を行います。
金融機関は融資が適当であると判断した場合、信用保証委託申込書と信用保証依頼書を保証協会に提出します。

(2)保証協会に直接申込む場合
保証協会の保証課窓口に行き面談の後、申込書が渡されます。記入した申込書に必要書類を添付し申込を行ってください。保証協会で審査した後、保証が適切であると判断された場合、金融機関に融資あっせんされます。金融機関では融資の審査があります。

2.保証審査

申込の後、保証協会において審査が行われます。担当者が訪問したり、申込者が保証協会に行き、直接お話を伺われることもあります。

3.保証承諾

審査の結果、保証承諾を行う場合は「保証承諾書」を金融機関に送付します。

4.融資実行

保証承諾書に記載された条件に従って、金融機関より融資実行されます。
このとき、所定の「信用保証料」を金融機関を経由して保証協会に支払います。

5.返済

融資条件に従って金融機関に借入金の返済を行います。

東京信用保証協会URL
http://www.cgc-tokyo.or.jp/

BACK