中小企業お役立ち大百科

会社の種類と特性

 ここでは、創業者が会社を設立するとき、会社の形態を選択するときの判断の一助となることを目的にお話しします。
 大きな企業は、取引相手に会社であることを求めます。会社としての信用力を求めているからです。では、会社とは何なのでしょうか。広辞苑には「商行為またはその他の営利行為を目的とする社団法人」と書かれていますが、あまり難しく考えず、ここでは簡単に「営利を目的とした組織」と考えたいと思います。
 法律でいう会社には、株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4種類があり、それぞれの特徴は以下のように整理できます

会社の種類

株式会社 合同会社 合名会社 合資会社
出資者の数 1名以上 1名以上 1名以上 2名以上
出資者の名称 株主 社員 社員 無限責任社員
有限責任社員
出資者の責任 有限責任 有限責任 無限責任 無限責任
有限責任
最低資本金額 1円以上 1円以上 規定なし 規定なし
最高意思決定機関 株主総会 社員全員の合意 社員全員の合意 社員全員の合意
会社代表 代表取締役 社員の中から
代表者を決定
社員の中から
代表者を決定
社員の中から
業務執行員を決定
取締役 1人以上 全社員が役員となる 無限責任社員が
業務執行社員となる
全社員が役員となる
登録免許税 最低15万円 最低6万円 6万円 6万円

 会社には4種類ありますが、重要な特徴を基準にすると、大きく2つのグループに分かれます。第1のグループは株式会社と合同会社、第2グループは合名会社と合資会社です。二つのグループの大きな違いは、出資者の責任です。第1のグループは有限責任、対して第2のグループは無限責任です。有限責任とは、その会社が大きな借金を残して倒産した場合、出資者(連帯保証人になっていなければ)がその責任を負って借金返済の義務を負わなくてもよいということです。これに対して無限責任の場合は、出資者に返済の義務が生じるのです。このようなリスクがあるため、実際には「合名会社」と「合資会社」の数は極めて少ないです。あなたが会社を作る場合にもこの2つは候補から外してもよいでしょう。

※有限責任の場合も、倒産すると出資したお金は帰ってきません。逆にいうと損失は出資額だけで済みます。そういう意味で有限責任なのです。ただし、銀行などから融資を受けるときに保証人になっている場合は、残金の返済を求められます。

 次に、株式会社と合同会社の違いで最も重要な要素である、最高意思決定機関についてお話します。  株式会社の最高意思決定機関は株主総会であり、株主が一番偉いのです。しかし、株主は経営の専門家でないことが多く、経営を専門家に任せています。任された経営の専門家が取締役です。取締役の代表者が代表取締役です。しかし、重要な事項に関しては、株主総会を開いて決定しなければならず、その手間が負担になります。小さな会社の場合、出資者=代表取締役のことが多く、その関係が不明確になっていますが、実はこのような関係になっています。

 これに対して合同会社の最高意思決定機関は出資者である社員全員(この場合の社員とは、従業員とは異なる概念です。)です。合同会社の場合、出資者である社員は毎日顔を合わせているメンバーであり、重要な事項を決定する会議を容易に開くことができ、運営が簡単であることが特徴です。

 このほか、創業者にとっては登録免許税の額の違いも大きな判断材料かもしれません。また、この表には載せていませんが、会社設立手続きに掛かる時間が株式会社の方が合同会社よりも長いことも重要な要素かもしれません。

 日常の仕事を普通に繰り返しているのであれば、株式会社も合同会社も大きな違いはありません。「株式会社の社長」というブランドに憧れて、深く考えず株式会社を設立している人も多いと思います。ぜひ、会社形態の特徴をよく理解し、創業しようとしている事業の規模や内容を踏まえて、適切な形態の会社を設立してください。

BACK