メールマガジン

観光情報メルマガ バックナンバー

2017年12月7日配信
毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。
購読料は無料です。ぜひご購読ください!

・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
MINATOあらかると観光情報メール
『WELCOME港区』2017/12/7号vol.695
http://www.minato-ala.net=毎週木曜配信=
・‥…━^+.━★・‥…━.+^━★・‥…
港区観光情報メールマガジン『WELCOME港区』では、港区内の観光モデルルートやイベント情報などをご紹介します。
===★12月テーマ★========
師走の港区
=======================
^◆+.^◇+━.+^*:━^◆+.^◇+━.+^
今週のテーマは...
『赤穂義士の足跡を辿る』

港区内で起こった12月の歴史的な出来事と言えば、忠臣蔵のもととなっている赤穂義士の討ち入りが挙げられます。
赤穂義士たちに想いを馳せながら、忠臣蔵ゆかりのスポットをたどりましょう。

【ルート】
萬松山(ばんしょうざん)泉岳寺⇒能登相談役と歩く高輪泉岳寺前商店会⇒大石良雄(よしたか)外十六人忠烈の跡

★===========================================★
港区観光ボランティアがあなたのまち歩きをガイドします!
★===========================================★
港区では、港区の魅力を熟知した区公認の観光ボランティアガイドが、基本の8コースを基にあなたの希望の日時に案内を行う「まち歩きガイドサービス」を行っています。
そのほか、各種企画ツアーも行っていますので、詳しくは以下港区観光協会ホームページをご覧ください。
【URL】http://www.minato-kanko.com/
【まち歩きガイドサービスURL】http://www.minato-kanko.com/order-guided-service
※「まち歩きガイドサービス」は、ガイドの調整がついた際に実施しますので、あらかじめご了承ください。

■□■------------------------------------□
Spot1  萬松山(ばんしょうざん) 泉岳寺
□■□------------------------------------■
都営浅草線泉岳寺駅のA2出口を出て、泉岳寺交差点から高輪方面に坂を上っていくと、左手に中門へ向かう路地が見えてきます。
門をくぐると、そこは泉岳寺の境内です。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1712-1/1712-1-01.jpg
歴史を感じさせる山門

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1712-1/1712-1-02.jpg
参道の茶店が並び、休憩することもできます

泉岳寺といえば、忠臣蔵を思い出す人も多いでしょう。
ここ泉岳寺には、浅野内匠頭と四十七士のお墓があります。
吉良上野介を討った義士達はその後、亡き主君・浅野内匠頭の墓前に吉良の首級(しるし)を供えるべく、内匠頭のお墓がある泉岳寺へと向かいました。
泉岳寺に着いた一行は主君の墓前に報告を行いました。
討ち取った吉良の首級を洗った井戸が今も残っていて「首洗い井戸」と呼ばれています。
そして討ち入りを果たした赤穂義士は元禄16年(1703年)2月4日に切腹した後、直ちにこの泉岳寺に埋葬されました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1712-1/1712-1-03.jpg
義士墓入口の門へ続く道にある「首洗い井戸」

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1712-1/1712-1-04.jpg
坂を上ると、義士たちのお墓があり、大石内蔵助のお墓もあります

討ち入りの約50年後に上演された歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」の興行がきっかけとなり、「赤穂事件」は、より一層多くの人に知られることになります。
現在も泉岳寺には多くの参拝客が訪れ、毎年4月初旬と12月14日には赤穂義士祭が催され、墓前供養や献茶式などが行われています。
一番の見所である義士行列の到着は、15:00から15:30に予定されています。
忠臣蔵の時代にタイムスリップしたような気分になりますよ。
【赤穂義士祭ホームページ】http://www.sengakuji.or.jp/event/akougishisai.html

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1712-1/1712-1-05.jpg
昨年の赤穂義士祭(12月14日)の様子です

〜♪ ちょっと耳より ♪〜
泉岳寺敷地内に、義士に関する資料館「赤穂義士記念館」があります。
中には義士の貴重な遺品などが納められており、忠臣蔵についてのビデオも上映しています。
また、泉岳寺では月例の参禅会や毎週土曜日の学寮講座などもあり、どちらも無料で、事前申し込み不要ですので、詳細はホームページを確認してください。
※料金・開館時間等については、泉岳寺の公式ホームページを確認してください。

●=Information=●
萬松山 泉岳寺
【所在地】港区高輪2丁目11-1
【開閉門時間】
夏(4月1日〜9月30日) 7:00〜18:00
冬(10月1日〜3月31日)7:00〜17:00
【問合せ】03-3441-5560
【ホームページ】http://www.sengakuji.or.jp/
【アクセス】
都営地下鉄浅草線「泉岳寺」徒歩1分
ちぃばす「高輪二丁目」徒歩2分

■□■------------------------------------□
Spot2 能登相談役と歩く高輪泉岳寺前商店会
□■□------------------------------------■
泉岳寺から第一京浜に向かい、泉岳寺交差点まで戻ります。
泉岳寺交差点の周りには高輪泉岳寺前商店会があり、現在、飲食・理美容・コンビニなど30軒ほどが商店会に加盟し、泉岳寺や泉岳寺交差点の角にある稲荷神社など、歴史的な観光スポットにも恵まれています。

今回は、高輪泉岳寺前商店会の相談役、能登芳和さんが案内してくださいました。
能登さんは、もうすぐ120年目を迎える、歴史ある「能登理容室」の三代目です。
【能登理容室 ホームページ】http://www.bb-minato.com/hp_noto.html

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1712-1/1712-1-06.jpg
能登相談役と、奥様の篤子(あつこ)さん

能登さんご自身も商店会会長を務めた経験を活かし、現在も相談役として商店会に深く関わっています。
「信じられないかもしれませんが、明治時代までは、第一京浜から東側は東京湾だったそうで、私の祖父は海で泳いでいたという話を聞いたことがあります。
もう無くなってしまいましたが、泉岳寺交差点の辺りに、海から水を引いていた『潮の湯』という銭湯がありました。
これから品川駅と田町駅の間にJRの新駅がこの近くに開業します。
また、老朽化した泉岳寺駅は安全性などを考え、ホームの拡幅など改装計画が進行中です。商店会の一部分は、2年後までには移転し、数年後には元の場所に戻って来る予定になっています。
高層ビルが建ち並ぶ新しくなった泉岳寺周辺で、どう新しい商店会を運営していくのか、期待と課題がたくさんあります」と、お話してくれました。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1712-1/1712-1-07.jpg
第一京浜沿いにあるのでオフィスも多い商店会です

 「この辺りはオフィスも多いですが、住宅街でもあるので、イベントがあるとたくさんの人が参加してくれます。
11月に泉岳寺前児童遊園で行った恒例の餅つき大会、これからの年末にはオリジナルカレンダーの配布や、夜間パトロールも実施します。
開発という大きな波がこれから来ますが、その流れに乗っていけるような街づくりをしていくつもりです」と、地元への強い愛着が感じられるお話でした。

能登相談役にご紹介していただいたのが「スルガヤ文具店」です。
坂倉敏之(さかくらとしゆき)さんにお話を伺いました。
「うちは江戸時代、札差(ふださし)という、米の仲介や金融業からはじまっていると伝えられています。
その後、米屋などを経て、文具店となって60年ほどです。
おそらく、私は文具店としては五代目くらいかと思うのですが、正確なところは分からないんです」
坂倉さんはご自宅にある古い写真をたくさん見せてくださいました。
また、お店の前にはビルの建て替え時の古い灯籠を残しており、店内にも古い神棚をあえて残しています。
「生まれた時からこの場所に住んでいますし、今回の開発に関しても自分なりの考えというのははっきり伝えていきたいですね」と、地元への熱い思いが感じられる坂倉さんのお話でした。
お2人とも、昔の泉岳寺や高輪のお話は尽きることがありません。
お店に行った際には、ぜひお話を伺ってみてはいかがでしょうか。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1712-1/1712-1-08.jpg
お店の前に残された古い灯籠は歴史を感じさせるものです

★===========================================★
〜この街のここが注目ポイント!〜
★===========================================★
泉岳寺駅すぐの第一京浜沿いに高輪大木戸跡があります。
江戸時代は町ごとに木戸を設け、自身番において警固させました。
高輪の大木戸は、江戸の治安維持のため、宝永7年(1710年)に東海道の両側に石垣を築き、設置されました。
江戸の入口であったため、旅人が旅装を整えたり、送り迎えされるのもここまででした。
各町にある「町木戸」に対し、江戸全体を守る木戸であることから、「大木戸」と呼ばれ、旅人やその送迎客でにぎわい、伊能忠敬が日本地図作成のために行った測量の起点がこの大木戸でした。
初めは柵門があり明六ツ、暮六ツに開閉していましたが、後に廃止されました。
明治初期に西側の石垣は取り払われ、現在は東側の石垣だけが残されています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1712-1/1712-1-09.jpg
当時の石垣が残されていて、説明板も設置されています

高輪泉岳寺前商店会を散歩した後は、もう一つの忠臣蔵スポットである大石良雄外十六忠烈の跡へ出かけましょう。

●=Information=●
高輪泉岳寺前商店会
【所在地】港区高輪2丁目1・11・15〜21 一帯
【ホームページ】https://www.facebook.com/sengakujimae/
【アクセス】
都営地下鉄浅草線「泉岳寺」徒歩1分
ちぃばす「高輪二丁目」徒歩2分

■□■------------------------------------□
Spot3 大石良雄(よしたか)外十六人忠烈の跡
□■□------------------------------------■
高輪泉岳寺前商店会を出たら泉岳寺交差点を渡り、伊皿子坂を道なりに進みます。
伊皿子交差点を左折し、3つ目の角を右折した右側に、大石良雄外十六人忠烈の跡があります。
ここは大石良雄ら17人が切腹した場所で、当時は熊本藩54万石細川越中守の下屋敷でした。
大石良雄(よしたか)と聞いても分からないという人でも、大石内蔵助(くらのすけ)といえば、忠臣蔵の中心人物としてお馴染みだと思います。
大石内蔵助らが切腹をしたかつての広大な細川家高輪下屋敷の敷地は、現在、高松中学校などになっていますが、細川家の屋敷跡の一部が塀に囲まれて残されており、往時をしのばせています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1712-1/1712-1-10.jpg
切腹した場所は門の中にありますが、中に入ることはできません

元禄14年(1701年)の江戸城松之廊下の刃傷事件に端を発した赤穂事件は、翌15年12月、吉良邸討ち入りという事件に発展します。
吉良上野介を討ち取った大石内蔵助一行46名は、泉岳寺にある主君浅野内匠頭の墓前に吉良の首を供えた後、幕府の命により細川家を含む4家にそれぞれ預けられました。
なぜ46名かというと、四十七士のひとり寺坂吉衛門(てらさかきちえもん)は途中で姿を消しているからです。
大石内蔵助ら17名を預かった細川家は、高輪の下屋敷にて彼らを丁重に扱ったと記録に残されています。
元禄16年(1703年)2月4日、幕府の命が下り、同日中に全員が預けられた先で切腹をしました。
切腹の後、46人の遺骸は主君と同じ泉岳寺に送られ、埋葬されました。
切腹の跡地は一部を囲って保存されていますが、内部は通常非公開となっています。

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1712-1/1712-1-11.jpg
ここで17名が切腹をしました

【PH】http://www.minato-ala.net/mag/photo/1712-1/1712-1-12.jpg
切腹した場所とされる石などが残されています
※写真は過去に公開された時のものです。

●=Information=●
大石良雄外十六人忠烈の跡
【所在地】港区高輪1丁目15
【アクセス】
東京メトロ南北線「白金高輪」徒歩5分
ちぃばす「高輪二丁目」徒歩3分

*★*彡---------*★*
イベント情報
*★*彡---------*★*
■ミッドタウン・クリスマス 2017
「誰かが誰かのサンタクロース。」をテーマに、東京ミッドタウン開業10周年記念イベントの最後を飾るのがクリスマスイルミネーションです。
約51万個の光で冬の夜空を鮮やかに彩ります。
●=Information=●
東京ミッドタウン
【所在地】港区赤坂9-7-1
【開催日】開催中〜12月25日(月)
【問合せ】03-3475-3100 (東京ミッドタウンコールセンター)
【ホームページ】http://www.tokyo-midtown.com/jp/
【アクセス】
都営大江戸線、東京メトロ日比谷線「六本木」直結
東京メトロ千代田線「乃木坂」徒歩3分
ちぃばす「六本木七丁目」「檜町公園」徒歩1分

■六本木ヒルズ けやき坂Galaxyイルミネーション
今や東京を代表するけやき坂のイルミネーション。
都会的な輝きを放つ白と青の“SNOW&BLUE”と、あたたかみのある琥珀色とキャンドル色の“CANDLE & AMBER”という2つの光で迎えてくれます。
約400m の中に120万灯ものLEDが輝く、幻想的なけやき坂が楽しめます。
そのほか、毛利庭園や66プラザでもイルミネーションが行われます。
●=Information=●
六本木ヒルズ
【所在地】六本木けやき坂通り(港区六本木6-10-1)
【開催日】開催中〜12月25日(月)17:00〜23:00
【問合せ】03-6406-6000(インフォメーションセンター)10:00〜21:00
【ホームページ】http://www.roppongihills.com/sp/christmas/2017/
【アクセス】
都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木」徒歩5分
東京メトロ南北線、都営地下鉄大江戸線「麻布十番」徒歩5分
ちぃばす「六本木けやき坂」徒歩0分
==================================
■イベント情報配信中!
港区観光協会ホームページの「Google+」コーナーで区内のイベント情報を配信しています。
また、Facebookでも観光情報を発信しています。
最新情報が続々とアップされていますので、ぜひご覧ください!
■港区観光協会ホームページ
http://www.minato-kanko.com/
■Google+港区観光協会専用ページ
https://plus.google.com/114852772200202850477
※ログインにはGoogleのアカウントが必要となります。
■港区観光情報「VISITMINATOCITY-YOURTOKYO-」
https://www.facebook.com/Visit-Minato-City-Your-Tokyo-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88-125523137844597/
==================================
◆◇━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ご意見・情報をお寄せください!
読者のみなさんからの、オススメ情報や穴場情報、紹介して欲しいスポットなどを募集しています。
お寄せいただいた情報は「読者の声」としてご紹介いたしますので、どしどしお便りをお送りください。
お待ちしています。
【投稿先】https://www.minato-ala.net/mag/apply.html
━━━━━━━━━━━━━◇◆
◆◇━━━━━━━━━━━━
港区観光情報メールマガジンのほか
◎毎月第2・第4火曜日◎中小企業向け情報メールマガジン配信中!!
https://www.minato-ala.net/mag/
━━━━━━━━━━━━━◇◆
【発行元】港区観光政策担当
【問合せ】https://www.minato-ala.net/contact/

許可無く転載することを禁じます。
配信の解除は下記アドレスからお手続きください。
https://www.minato-ala.net/mag
原則として、港区産業振興課では解除手続きは代行いたしません。
Copyright (c) 2004 MINATO CITY. All rights reserved .
許可無く転載することを禁じます。

 

メールマガジンのお申込み

メールマガジンのお申込みはこちら毎週木曜日の配信です。港区の写真や、楽しい情報を盛りだくさんでお届けしています。 購読料は無料です。ぜひご購読ください!
BACK